浴衣つけるアクセサリーのマナー。

浴衣につけるアクセサリー。

こんにちは、
riele (リエル)です。

もう7月なんて早いですね。

夏の楽しいイベントの1つと言えば花火大会。

花火

浴衣に着けるアクセサリーって結局悩みますよね。

今日は、そんな浴衣につけるアクセサリーのマナーについてご紹介します。

浴衣のポイントは3か所の首。

浴衣の美しさは、3か所の「首」にあるといわれています。
その3か所とは、

「襟元=首」、「袖元=手首」、「裾=足首」

浴衣(着物)の時は、この3か所の「首」には

アクセサリーをつけない方が浴衣の良さがでておすすめです。

ただし、最近はカジュアルなプライベートな場であれば、

必ずしもネックレスやアンクレットなどはNGではなく、

オシャレとしてアクセサリーを楽しんでも問題ないそうです。

浴衣のアクセサリーは引き算。

洋服と和服(浴衣)のコーディネートの違いは、

ざっくりと

「洋服は足し算」、「和服は引き算」な所。

シンプルな洋服は、アクセサリーで何をプラスするかによって

コーディネートの雰囲気が変わります。

それに対して、

着物や浴衣は、

アクセサリーをどこかで引き算した方が品格があっておしゃれです。

浴衣の時は、抜いた衣紋の美しさがあるので
ネックレスは「引き算して」しないが方が、個人的にはおすすめです。

ブレスレッドも、つけない方が手元がガチャガチャせず
すっきりしておしゃれです。

浴衣におすすめなアクセサリー。

普段、ネックレスや指輪を身につける方にとっては、
浴衣の時にアクセサリーはどんなものをつけたらいいか悩む方も多いと思います。

浴衣の時は、
シンプルにイヤリングやピアスだけをつけて顔周りを華やかにするのがおすすめ。

浴衣のアップスタイルなどにイヤリングをプラスする事で

華やかさを取り入れる事ができます。

個人的におすすめのデザインは、
和柄のものではなく華奢なイヤリングやピアス

華奢でトレンド感のあるアクセサリーをプラスする事で、

浴衣を旬なスタイリングにアレンジする事ができます。

痛くない、落ちにくいイヤリング あこや真珠パールイヤリング

浴衣におすすめなイヤリングとピアス。

おすすめは、ヘアアクセサリーは使わずシンプルなアップスタイルにして、
今っぽいアクセサリーで耳元にポイントを持ってくると◎。

大振りよりは、華奢なイヤリングやピアスの方が
奥ゆかしさもでて、大人の女性にはおすすめです。
痛くないイヤリングイヤーカフ型画像

ポイントを1つにする事で洗練された
大人のオシャレを演出する事ができます。

洋服のときのコーディネートと同じで、
アクセサリーは、浴衣で使われている色を取ってもおしゃれですね。

今年の夏は浴衣に旬なアクセサリーをつけてコーディネートを楽しんでみませんか?

▶online shop

have a niceday♥

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    小さな力を大きな力に。