ノンホールピアスが落ちないための対策と正しいつけ方とは。

ノンホールピアスを落とさないために出来る事。

おはようございます。

riele(リエル)です。

ピアス穴が開いていなくても、
金具が華奢で本物のピアスのようにつけられるノンホールピアス。

痛くないイヤリング 落ちにくいノンホールイヤリング フープ

痛くないイヤリングイヤーカフ型ムーンストーン

そんなノンホールピアス、気づいたら片方なくなっている!

そんな経験ありませんか?

痛くなりにくいし、
軽量だから落ちても気がつかない時があるんですよね…。

今回は、その悩みを少しでも解決するように
ノンホールピアスが落ちないための対策をご紹介します。

痛くないイヤリングノンホールイヤリングの写真

ノンホールピアスとは。

ノンホールピアスとは、ピアスの穴を開けなくても
付ける事が出来るアクセサリーの事です。

従来のネジバネ式より軽量で、
金具で耳たぶを挟んでつけるアクセサリーです。

素材の多くは金属や樹脂でできています。

痛くないイヤリング 落ちにくいノンホールイヤリング フープ

ノンホールピアスが落ちてしまう原因と対策。

落ちてしまう主な原因をもとに対策をまとめてみました。

⒈装着時にきちんとつけられていない。

正しいつけ方をして固定する事がとても重要です。

正しいつけ方については後程ご紹介します。

⒉ノンホールピアスのサイズが合っていない。

サイズの目安は、
装着時にイヤリングを下に軽く引っ張り落ちなければ大丈夫です。

引っ張りすぎると落ちるので、軽く触れて確認してみてください。

ちなみに、樹脂イヤリングは金属のノンホールピアスと違いサイズの調整が出来ません。
そのため長年使って樹脂が伸びてきたら取り換えがおすすめです。

⒊デザインが大ぶりのモチーフで重い。

流行りの大ぶりモチーフはおしゃれですが、
大きすぎると重くて落ちやすいです。

樹脂イヤリングは金具の調節ができないため、

大ぶりモチーフをつけたい場合は金具の調節が可能なネジバネ式イヤリングなどがおすすめです。

riele(リエル)ネジバネ式イヤリング

ネジバネ式イヤリング

ちなみに・・・

riele(リエル)では、ノンホールイヤリングとノンホールピアスのチャームは1g前後と軽いデザインで作っています。

それ以外はネジバネ式でデザインしています。

ただ、重すぎると痛かったり、
落ちやすいのでネジバネ式イヤリングは極力軽量化を心がけています。

せっかく、気に入ったデザインでも落としたらショックですもんね。

⒋洋服の脱ぎ着の時。

私も、たまにうっかり落としそうになるのが、

洋服の脱ぎ着の時。

自宅はもちろん、

試着の時やこれからストール、マフラーをつける時などは要注意です。

このような時は、イヤリングをつけないのが一番おすすめです。

私は、アクセサリー袋を持ち歩き

職場に着いてからアクセサリ―をつけたり、

家に帰る途中や、用事が終わったらすぐにアクセサリーを袋にしまうようにしています。

⒌運動や色々動く時。

ジムなど運動する時も、もちろん注意が必要です。

あまりないとは思いますが、
すごく酔っぱらってどんな動きをするかわからない時も注意が必要です 笑。

特に4,5 の時に樹脂イヤリングをつけている場合は、前述のようになくす前にさっと外して

アクセサリー袋に入れカバンの指定場所などにしまっておくのがおすすめです。

ノンホールピアスを落とさないための正しいつけ方。

正しいつけ方をする事できちんと耳たぶに固定し落下を防止します。

  1. 耳たぶを指で外側へ引っ張り、もう片方の手で耳たぶの薄い部分からイヤリングを差し込みます。
  2. 差し込んだイヤリングを着けたい位置ににスライドさせます。
  3. 装着したイヤリングを下から軽く引っ張ってみて、落ちなければ大丈夫です。
  4. 落ちる場合は一度外して少し幅を狭めて、1の工程に戻ります。

▶つけ方について詳しくはコチラ。

ノンホールピアスに限らず、すべてのイヤリングをつける時は

下に引っ張って、しっかり留まっているかの確認がとても重要です。

イヤリングが落ちないための対策まとめ。

これらの事を気をつけるだけでも、

落とす確率はだいぶ減ります。

激しく運動する時や着脱の時には外すなど

基本的なことですが、イヤリングを正しく装着して、
状況に応じてなくす前にしまっておくなど気をつける事が大切です。

イヤリングでオシャレをもっともっと楽しみましょう。(^^)/

have a nice day♥

▶RIELE online shop

つけ方で不安な場合など、お気軽にcontactなどからご連絡ください。(^^)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です