痛くないイヤリグのつけ方。(イヤーカフ型、ノンホール型)

こんにちは、riele(リエル)です。

今日は、RIELEの痛くないイヤリングシリーズ(イヤーカフ型、ノンホール型)のつけ方についてご紹介します。

痛くないイヤリングイヤーカフ型ムーンストーン

痛くないイヤリングシリーズとは?(イヤーカフ型、ノンホール型)

RIELEの痛くないイヤリングシリーズ(イヤーカフ型、ノンホール型)は、

下のようにイヤーカフのようなデザインと

riele(リエル)痛くないイヤリング

ノンホール型のデザインがあります。

痛くないイヤリングノンホールイヤリング

どちらもイヤリング金具が華奢で

痛くなりにくくピアスに見えるのが特徴的です。

耳たぶの厚みにピッタリとサイズ調整できるので、

耳たぶの厚い方~薄い方まで耳が痛くなりにくいイヤリングです。

痛くないイヤリングシリーズのつけ方は?

つけ方は

コツさえつかめば簡単(^^)

痛くないイヤリングのつけ方を紹介していきます。

①イヤリング金具のサイズ調整をする。

はじめに、耳たぶの厚さとイヤリング金具のサイズを合わせていきます。

この時、イヤリング金具が耳たぶに差し込めない場合は

親指と人差し指でイヤリング金具の

両側をつまみゆっくりと広げてください。

riele(リエル)痛くないイヤリング(イヤーカフ)付け方

※ポイント
イヤリング金具は強度がありますが、
サイズ調節を強く無理やり繰り返すと金具に負担がかかり破損する恐れがあります。ゆっくり、優しく調整する事をおすすめします。

といっても、あまり神経質になりすぎずゆっくり優しく調整すれば大丈夫です。

②耳たぶへイヤリングを差し込む。

耳たぶの薄い部分からイヤリングを差し込みます。

この時、もう片方の手で耳たぶを外側に引っ張った方が、
より耳たぶが薄くなり差し込みやすいです。

イヤリング金具をつける位置にスライドさせます。

riele(リエル)痛くないイヤリング(イヤーカフ)付け方2

下記の位置からでも耳たぶが薄いので差し込みやすいです。

riele(リエル)痛くないイヤリング(イヤーカフ)付け方 補足

③イヤリング金具をつける位置にスライド。

つける位置までスライドさせます。

riele(リエル)痛くないイヤリング(イヤーカフ)付け方2

④イヤリング(イヤーカフ型、ノンホール型)が落ちないか確認。

イヤリング金具を軽く下へ引っ張り落ちなければ完成です。

緩くて落ちてしまいそうな場合は、

イヤリング金具の両側を少し狭めて②の耳たぶに挟む工程に戻り再び④の固定されているかまで繰り返し確認します。

金具が耳たぶに固定されれば完成です。

ちなみに…落とさないためには、

4番目の確認作業がとっても大切です。
この時にきちんと自分の耳に固定されていれば落ちにくいです。

まとめ。

つけ方のポイントを簡単にまとめてみました。

  1. 耳たぶの薄い所からイヤリング差し込む。
  2. つけたい位置にスライドして固定
  3. 下に軽く引っ張ってみて、外れなければで完了。
    ※緩い場合は、外して金具の幅を狭める。1の作業から繰り返す。

痛くなりにくいポイントは、

ゆっくり、優しく
イヤリング金具を耳たぶの厚みにピッタリと調整する事です。

この事を気を付ければ、

イヤリングの痛みから解放されオシャレを楽むことができます。

痛くないイヤリングでオシャレを今まで以上に楽しみましょう(^^)/

riele(リエル)18金リングシルバー925痛くないイヤリング新作

▶RIEIEの痛くないイヤリングシリーズ

have a nice day♥

▶online shop

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    今日のコーディネート。

    次の記事

    ついに。